帽子のデザインは一から考えられる物もありますが
殆どの場合はある程度決められた帽子の型に沿ってデザインが練られていきます。
運動的な帽子を製造するならばキャップ、大人びた物ならばハット系というように
用途に応じた方向性を決定していくのが帽子のデザインを決める上では重要な事です。
オリジナルTシャツ作成もこれを意識することで決まります。

それが決まると次は着用者の性別の想定。
フィット感の良さも帽子の扱いやすさに繋がるので身に着ける人間の性別やそれに伴う頭の大きさを
視野に入れなければいけません。

そして、最後には行うのは帽子の顔とも言える装飾。
デザインもそうですが装飾を縫うのか、それともプリントととして印刷するのか、
それだけでも生産方法とコストがかなり違ってきます。

販売をするならば利益を出すための工夫も合わせて考える必要が出てくるでしょう。
もちろん、ここでは試作品を作り実際に各衣類と合わせた、見映えのチェックも行います。

帽子はコーデのメイン要素になりにくいアイテムですが
実はこれだけの考えを持ってデザインや作りが決められているんです。
帽子を購入する際は、どういった過程を経て商品として売りに出されているのか
思いを巡らせてみても良いかもしれません。

色が薄い衣類を着るとあまり映えなくて扱いづらい、と感じことはありませんか。
この問題、実はちょっとした工夫を加えるだけでその個性をしっかり出すことが出来るんです。
今回はそうした、色が薄い衣類の扱い方について紹介していきます。

色が薄い衣類の扱い方としては、あまりカラフルな色合いのアイテムと組み合わせないことがポイント。
色が薄いことから繊細さや落ち着きが感じられやすいアイテムと言えるので、そこに激しい色合いを加えてしまうと
全体的にチグハグな印象になってしまいます。

出来る限り、薄い色合いのアイテムは似た性質のアイテム同士で組み合わせ、柔らかい雰囲気を作り上げると
良いでしょう。
もちろんメリハリは必要なので全体を引き締めるためにも
黒色系のボトムス、タイツ、ベルトなどと組み合わせたい所です。

また、こうした色が薄い、落ち着いたカラーはアクセサリーに焦点を当てるコーデにもピッタリ。
派手な色合いのコーデの時よりもアクセサリー1つ1つに目が向きやすく、個性を発揮させやすいです。
是非、色が薄いアイテムを用いるときはアクセサリーの使用を検討してみてください。

紹介したように色が薄いからこそ、出来る工夫も多いです。
それぞれのアイテムの個性を引き出して魅力あるファッションにしていきましょう

太っている人にはどんなボトムスが似合うのでしょうか。
コーデに合うアイテムや着こなしを紹介します。

太っている人にはゆったり感のあるボトムスが似合いやすいです。
元々足や下半身は重力がかかりやすく、そういった重さが見映えに出ることが多いです。
太めの人は見た目のイメージもあり
更に重さが感じられやすいので、扱うアイテムで軽さや柔らかさを演出しなければいけません。

また、季節さえ合えばショートパンツ系のアイテムを用いても良いでしょう。
動的なイメージを出す靴下も一緒に合わせると更にアクティブさもあがります。

逆に合わせづらいボトムスとしてはスウェット系など、
フィット感がありすぎて肉感が出るものが挙げられます。

ただ、ボディラインが出ないアンダーなどを挟めば
しっかりとスリムさが表現出来ます。

近年では肉の段差が出にくいソックスもあるので、
そちらをボトムスに合わせるのもおすすめです。

紹介したように太っている人のボトムス選びでは
動的な印象とボディラインを整える効果があるかどうかが重要になっていきます。
魅力ある見映えを作るためにも、購入時に着用したりして
取り入れるアイテムの性質を把握しておきましょう。

太っている人にはどんなアウターが似合いやすいのでしょうか。
アイテムの選び方などをまとめてみました。

太っている人には薄手のアウターが似合いやすいです。
薄手にするだけで、ビジュアル的にスリムに見せることが出来たり、
暑苦しいイメージを解消できたりします。
冬の時期などはコートよりもアンダーで防寒対策をしっかりして、
ジャンパーなど生地が薄めのものを着用するようにしましょう。

ただし、薄手のアウターを身に着けるときには丈の長さに気をつけなくてはいけません。
丈が長すぎて体にフィットしない面が多くなってしまうと、だらしがなく見えてしまうので
注意すること。
チャックやボタンを締めておくのもアウターを着こなす上での重要な工夫です。

加えてコーデに取り入れるアウターの生地のタフさにも目を向けましょう。
せっかく高いアイテムを買っても腕を通した時や体重をかけた時に
破れてしまっては意味がありません。

出来るだけ長く使い続けられるようなアウターを購入してください。

太っている人にとってアウターは着膨れしやすいアイテムの1つ。
紹介した工夫を参考にして、魅力あるコーデを作ってみてください。

衣類の色が濃すぎてコーデに合わせづらい、そう考えた事はありませんか。
実はこの問題は、組み合わせ方の意識を変えるだけで簡単に解決するんです。
今回はこうした濃い色の衣類の扱い方について紹介します。

色が濃い衣類は基本的にインナーとして扱うのがベストです。
そのカラーリングの良さを活かしてあえて”チラ見せ”するスタイルを構築しましょう。

もちろん、どうしてもアウターとして着なければならないアイテムもあると思います。
その場合には、色の薄いものと合わせるのではなく
カラーリングの幅が感じられるようなもの、所謂明度ではなく色相が感じられるアイテムと合わせることが
望ましいです。

例として挙げるならば、濃い赤色のアイテムを扱う場合は、オレンジ、黄色のアイテムを組み合わせ、
グラデーションとしてのカラーリングを作るのがベター、となります。

一見、濃い色合いの衣類でも色の薄いものと組み合わせればバランスが取れやすそうに感じられますが、
ある一色が強いとその色だけが浮いてしまう危険性も十分あります。
そのため濃い薄いでまとめるのではなく、色の変化でコーデをまとめるべきなんです。

ただ、色数を多くしすぎるとまとまりが出来ていてもごちゃごちゃした印象になりやすいので
出来る限り、色数を抑えて3~4色程度でコーデするのがポイントです。

No newer/older posts